NEWS

ニュース

2020年 新年のご挨拶

2020年1月4日

新年のご挨拶

 

新年明けましておめでとうございます。

 
関与先の皆様方におかれましては、御健勝にて新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

又、日頃より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

  
我が国は「令和」という新たな時代の幕開けを迎え、今年はその2年目を迎えます。

また、今年は東京オリンピック・パラリンピック開催の年でもあります。

  
日本、地元兵庫県の経済動向をみますと、緩やかな回復を続けているとは言われておりますが、

輸出や生産に弱さがみられ、通商問題を含め、海外経済の動向等や、

消費税率引き上げによる消費マインドの動向を十分注視していく必要がございます。

  
こうした状況にあって、また令和という新しい時代に、

人口減少や少子高齢化が進行する中にあっても、

直面する様々な 課題を克服し、

さらにはピンチをチャンスに変えていかなければなりません。

  
お客様にとって、私どもがその大きなパラダイムシフト の鍵となり、

「ONE TEAM」としてお客様の今後のご発展、ご繁栄に寄与できるよう

スタッフ一同取り組んでまいる所存です。

  
平成の時代にお客様より頂戴しましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに、

令和の時代に皆様がよりご発展いただけるサポートを、

法務・税務・会計・労務の各専門家がご提供させていただきます。

  

私がよく自分に言い聞かせるサッカー三浦知良選手の言葉です。
“上手くいかなかったときには、自分に力がなかったからだと考える。”
“良い結果が出た時には、頑張ってきた成果だと考える。”
“人生に偶然はない”

  

この新しい年が、皆様にとりまして、益々の御繁栄と御健勝の年でありますように、

心からお祈り申 し上げまして、新年の御挨拶といたします。

  

  
2020年元旦
みなと神戸合同事務所
代表 高見 肇

webサイトをリニューアルいたしました!

2019年3月14日

このたび、みなと神戸合同事務所の公式webサイトをリニューアルいたしました。

メンバー一同、さらに充実したサービスをご提供できるよう

”Speed&Quality”のポリシーのもと、誠心誠意努めて参りますので、

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

平成31年3月14日

みなと神戸合同事務所

代表 高見 肇

スタッフ一同

2019年 明けましておめでとうございます!

2019年1月4日

   

2019年 明けましておめでとうございます!

 

旧年中は、大変お世話になり心より御礼申し上げます。

2019年も変わらずご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

お客様にとって2019年が最高の一年となりますようスタッフ一同、誠心誠意努めてまいります。

  

本年より

”Speed&Quality”

を事務所のモットーに掲げて取り組んでまいります。

  

どうぞ2019年もよろしくお願い申し上げます。

  

  

2019年1月4日

みなと神戸合同事務所

所長 高見 肇

スタッフ一同

 

 

兵庫県旅券事務所 パスポートの土日の申請・受取が可能に 4月1日~

2018年3月26日

  

【兵庫県旅券事務所 パスポートの土日の申請・受取が可能に 4月1日~】

  

平成30年4月1日(日)より、兵庫県内の全事務所(本所、尼崎出張所、姫路出張所、但馬空港窓口)で、

土・日曜日にパスポートの申請と受取が出来る様になります。

それに伴い月・火曜日は全事務所が閉所となり、申請も交付(受取)も出来なくなります。

 ※ なお、土・日の申請時、システムメンテナンス作業の都合により、旅券の発給履歴等の確認が出来なくなる場合があります。場合によっては、再度のご来所をお願いすることもあり得ますので、ご理解の程、お願いします。

  

【4月1日からの受付時間等】

◎休業日 月・火・祝休日(土・日を除く)、年末年始(12/29~1/3)

◎営業日

【本所(神戸)】

申請  水・木・金・土・日曜日  9:00 ~ 16:30

交付   水・金・土・日曜日    9:00 ~ 16:30

       木曜日         9:00 ~ 18:30

   

【尼崎出張所】

申請  水・木・金・土・日曜日  9:00 ~ 16:30

交付   水・金・土・日曜日  9:00 ~ 16:30

       木曜日       9:00 ~ 18:30

 

   

【姫路出張所】

申請  水・木・金・土・日曜日  9:00 ~ 16:30

交付   水・金・土・日曜日  9:00 ~ 16:30

        木曜日      9:00 ~ 18:30

   

【但馬空港窓口】

申請  水・木・金・土・日曜日  9:15 ~ 12:00、13:00 ~ 15:00

交付  水・木・金・土・日曜日  9:15 ~ 12:00、13:00 ~ 15:00

   

   

神戸,パスポート代理申請サービス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行政書士高見・伊達共同事務所

〒651-0084

神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

tel.078-965-7000 fax.078-965-7005

mail:td-office@kfa.biglobe.ne.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年 明けましておめでとうございます!

2018年1月4日

2018年 明けましておめでとうございます!

 

旧年中は、新しいお客様との出会いも多く、これまでのお客様とともに大変お世話になりました。

心より御礼申し上げます。

 

本年も、スタッフ一同、お客様に寄り添ったサービスをモットーに誠心誠意努めてまいる所存でございます。

 

2018年 皆様にとって良き一年となるよう、私どもも微力ながらお手伝いをさせていただきたく存じます。

今年一年、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

みなと神戸合同事務所

代表 高見 肇

パスポート代理申請サービス

2017年2月20日

  

これから新年度の海外赴任や卒業旅行、GWの旅行など春のイベントに向けてパスポートのご準備をされる方が多くなる時期ですね。

  

パスポートの申請は平日の9~17時の間しか受け付けてもらえません。

  

お仕事をされていてお休みが取れない方にとっては、大変厳しい時間帯です。

ご家族に頼まれるケースもあるかもしれませんが、書類が足らなかったり、写真が不備であったり、またもう一度出直しなんてことも多々あるのではないでしょうか。

  

そういう方々のために当事務所が行っているのが

パスポート代理申請サービス

  

当事務所が旅券事務所から徒歩数分の場所にあることから

書類をお預かりしたその日或いは翌日にはパスポートの発給申請をさせていただくことが可能です。(書類が完全に整っていることが前提ですが)

  

開業以来、多くのお客様にご利用いただき、次のような方がいらっしゃいました。

・小さな赤ちゃんがいて、どうしても平日申請に行くことができない。

・平日、仕事を休むことができず、申請に行くことができない。

・出張で住民登録地を離れていて、居所申請に行くこともできない。

・旅券事務所が遠方で交通費がかかりすぎる。

・家族(夫婦)で申請したいが、誰も平日に時間がとれない。

・急な海外出張が入り、大至急パスポートが必要になった。

  

などなど、多種多様な理由がありましたが、やはり平日昼間に仕事を休めない、あるいは遠方で必要がかかりすぎるという理由が最も多いです。

  

このようなケースでお困りの場合は、是非、当事務所の

   

パスポート代理申請サービス

   

をご活用ください。

   

神戸(三宮)の旅券事務所なら、日曜日の受け取りができますので、申請さえ当事務所にご依頼をいただければ、仕事がお休みの日曜日に受け取りに行っていただくことができます。

   

費用はわずか

5,000円(税別)”

+書類の郵送料実費(600円程度)

   

なお、パスポート申請にあたっては、お客様の個人情報をお預かりすることになりますが、個人情報保護方針に基づき、担当する行政書士が他に漏洩することなく厳正に管理させていただきますのでご安心ください。

   

これからのご旅行などにパスポートが必要な場合は、是非、当事務所の

   

パスポート代理申請サービス

 

をご活用ください。

 

神戸,パスポート代理申請サービス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行政書士高見・伊達共同事務所

〒651-0084

神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

tel.078-965-7000 fax.078-965-7005

mail:td-office@kfa.biglobe.ne.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

2017年 明けましておめでとうございます!

2017年1月4日

 

2017年 明けましておめでとうございます!

 

旧年中は多くの皆様にご愛顧を賜りまして厚くお礼申し上げます。

本年も引き続き、当事務所をよろしくお願い申し上げます。

 

2017年 本日より通常業務をスタートしております。

本年はお客様とともにさらなる発展をめざしております。

 

所員一同、誠心誠意、努めてまいりますので、昨年以上にご指導、ご鞭撻のほどを何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2017年1月4日

みなと神戸合同事務所

所長 行政書士 高見 肇

社会保険労務士 木津 尚也

税理士     眞鍋 剛

 

 

 

年末年始休業のお知らせ

2016年12月26日

 

 【年末年始休業のお知らせ】

 

2016年も皆様にお世話になりまして厚くお礼申し上げます。

みなと神戸合同事務所では、下記の年末年始期間、休業とさせていただきますのでお知らせいたします。

 

 2016年12月28日(木)~2017年1月3日(火)

 

 ※なお、一部業務については、1月5日からとなります。

  

 

 みなと神戸合同事務所

 

建設業者の”適切な保険”の解釈 業界団体及び都道府県へ通知へ

2016年12月5日

  

【建設業者の”適切な保険”の解釈 業界団体及び都道府県へ通知へ】

  

国交省は12/5、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」で、現場作業員に加入を求めている”適切な保険”の解釈についての文書を建設業団体と都道府県に送付するとのこと。

  

当ガイドラインで17年度以降に現場入場を制限すべきとした社保未加入の作業員は、事業所の形態などに応じて加入する保険が異なる。

対策の目標期限が迫る中、改めて加入すべき保険を整理し、建設業団体を通じて建設業界に周知する。現場入場制限の取り扱いに関する1問1答なども添付される模様。

  

<社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインにおける記載内容>

17年度以降に「”適切な保険”に加入していることを確認できない作業員については、元請け企業は特段の理由がない限り現場入場を認めないとの取り扱いとすべき」

この背景には、”適切な保険”の解釈が十分に浸透しておらず、元請から誤った加入指導を受けている業者があるようだ。

  

<送付書面の主な内容>

◎年金事務所に健康保険被保険者の適用除外の手続きを行い、国民健康保険組合の被保険者となった場合は、改めて協会けんぽの被保険者になる必要はない。

◎事業主である一人親方は、個人で国民年金や国民健康保険に加入することになるが、請負の形式で現場に従事していても、実態が労働者であれば、雇用する企業が保険に加入させることが求められる。

  

<現場入場の取り扱いに関する1問1答の主な内容>

◎従業員が4人以下の小規模な個人事業所などは、法令上、健康保険や厚生年金保険への加入義務はなく、ガイドラインでも、従業員に協会けんぽや厚生年金保険への加入を求めない。

◎ただ、従業員4人以下の小規模事業所でも、雇用保険については、雇用する労働者が1人でもいれば事業主には従業員を保険に加入させる義務がある。

  

(建通新聞社より)

  

  

 

兵庫・神戸・大阪での建設業許可申請に関することは

 行政書士高見・伊達共同事務所にお任せください!

お困りの方、お気軽に相談ください!

建設業許可専門ページはこちら!

 

■□■――――――――――――――――――――――――――――――――――――

法人設立、各種許認可、助成金申請、会計記帳などをお手伝い!

みなと神戸合同事務所は社長様を応援しています!

TEL.078-965-7000 FAX.078-965-7005

E-mail:td-office@kfa.biglobe.ne.jp

<みなと神戸合同事務所>

建設業許可申請専門 行政書士 高見 肇

建設業許可専門ページはこちら!

定年年齢引き上げや継続雇用制度導入で最大120万円の助成金~65歳超雇用推進助成金~

2016年12月2日

 

【65歳超雇用推進助成金】

 

先の国の補正予算において追加されている新しい助成金をご紹介します。

「65歳超雇用推進助成金」です!

定年年齢の引き上げ又は廃止や雇用継続制度を導入すれば、最大120万円の助成金が獲得できます!

 

【助成金額】

65歳への定年引上げ

66歳以上への定年引上げ

定年の定めの廃止

継続雇用制度の導入

(希望者全員が対象のもの)

100万円 120万円 66歳~69歳 70歳以上
60万円 80万円

※ほとんどの業種が対象となっていますので、是非ご検討ください!

※複数実施した場合でも併給はありません。最大120万円です。

 

助成金の申請にあたっては、次の取り組みを実施していただきます!

a 旧定年年齢を上回る65歳以上への定年年齢の引き上げ

b 定年の定めの廃止

c 旧定年年齢及び継続雇用年齢を上回る66歳以上の継続雇用制度の導入

 

加えて、次の条件も満たすことが必要です!

① 上記の取り組みの実施にあたり、社労士等へ経費を支払っていること

② 上記の取り組みを規定して就業規則等の整備すること

③ 申請段階において、1年以上継続雇用されている者で、かつ60歳以上の雇用保険被保険者が1名以上いること

 

 

 

詳しくは、みなと神戸合同事務所の社会保険労務士 木津(きづ)にご相談ください!

TEL.078-965-7002

お気軽にお問合せください!

 

 

■□■――――――――――――――――――――――――――――――――――――

各種助成金に関するお手伝い!

みなと神戸合同事務所は社長様を応援しています!

<助成金担当>

社会保険労務士 木津尚也(きづなおや)

直通TEL.078-965-7002 FAX.078-965-7005

 

 

 

まずはお気軽にご相談ください。

電話 078-965-7000

営業時間 平日 9:00〜18:00(原則土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら
Top