NEWS

ニュース

2011年

神戸のNPO設立・運営コラム

2011年12月20日

こんにちは!

神戸の行政書士 高見です!

今日は午前中、NPOベストパートナー神戸(BPK)の認証式に出席してきました。

兵庫県県民文化局協働推進室長より認証書を受ける木津理事長

↓↓↓↓↓

 

 

ようやく認証までたどりついたという感じで

認証書を受け取った木津理事長も安堵感が漂っているような・・・

年内には設立登記を済ませ

いよいよ2012年から本格的にスタートいたします!

NPOベストパートナー神戸って何?ですよね。

設立前なのですが、少しご紹介を・・・

NPOベストパートナー神戸では、

税理士、社会保険労務士、行政書士が理事となり、

NPO法人の設立から運営にいたるトータルサポートをさせていただきます。

NPO法人については、かねてより事務体制の脆弱さが指摘されています。

会計のみならず、法務、給与、許認可庁監査対応などの事務量も多くなっています。

しかしながら、NPO法人の財務体質に鑑みれば、その事務処理のために社員を雇用し、多額のコストを投じることは非常に難しい状況にあります。

そこで、各専門家が集い、それらの団体を支援するNPO法人を新たに設立し、NPOのベストパートナーとして設立から運営にいたるトータルサポートを実現することを目的としています。

NPO認証等の手続に関しては、これまで都道府県が行ってきましたが、

NPO法の一部改正により、平成24年4月からは、政令指定都市に移譲されることになっています。

指定都市の窓口では十分な経験がないことなどから混乱も予想されます。

こうした法改正の動きも私どもが設立に至った要因でもあります。

できるだけスムーズに事業が開始・運営できるように

私どもは全力でお手伝いさせていただくきます。

・NPO設立に関すること

・NPOの会計・税務に関すること

・従業員の給与計算に関すること

・NPO法人が行う介護事業など許認可に関すること

などなど

お気軽にお問い合わせください!

専門家が力を合わせてお手伝いさせていただきます!

現在、ホームページを作成中です。しばらくお待ちください。

なお、先行して、ブログを立ち上げました。今後色々な情報をお伝えできればと思っています。

NPOベストパートナー神戸のブログはこちら→http://ameblo.jp/bp-kobe

NPOベストパートナー神戸の概要

[認証日]

平成23年12月20日

[設立日]

平成23年12月末設立登記予定

 

[設立主旨]

非営利団体、公益性の高い団体及び社会的弱者に対して

会計サービスの提供及び財務情報の開示の促進といった観点からの

連絡、助言又は援助に関する事業を行い、

当該対象者個々の能力の向上及び

当該対象者全体の社会的信頼性の向上に努めると共に、

透明性の高い社会の構築に寄与することを目的としています。

[主たる事務所]

〒651-0084

神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7F

[代表者]

社会保険労務士・行政書士 木津尚也

[理事]

税理士  眞鍋 剛

税理士  村田和哉

行政書士 高見 肇

[監事]

行政書士 伊達伸一郎

H24.3.1ホームページリニューアル

2011年12月19日

アシストブレイングループのホームページをリニューアルしました!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年12月7日

建設業許可申請専門

神戸の行政書士 高見です!

今年度は自治体において、2年に一度、あるいは3年に一度の

公共工事の入札参加資格審査が行われます。

既に神戸市でも電子申請の受付がスタートしています。

ほとんどの自治体では、参加資格のお持ちの建設業者さんへは

はがきなどで通知が届いていることと思います。

概ね12月~1月に申請の受付がありますので、

入札参加資格をお持ちの建設業者さんは

今一度ご確認ください。

1月に入ればなにかとバタバタされると思いますので、

できることなら12月中に申請をされることをお勧めいたします。

もちろん、私どもの事務所では

入札参加資格審査申請の代行を行っておりますので、

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください!

ご参考までに、神戸市の情報をお知らせいたします!

下記ページからご確認ください!

■平成24・25年度神戸市工事請負競争入札参加資格審査申請の手続詳細

 ↓↓↓↓↓

 https://www.nyusatsu.e-hyogo.jp/kobe/view.rbz?cd=9974

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸の建設業許可申請/決算変更届/経営事項審査など

建設業許可に関する手続は

建設業許可申請専門の

神戸|行政書士高見・伊達共同事務所 にお任せください!

TEL.078-965-7000 FAX.078-965-7005

E-mail:td-office@kfa.biglobe.ne.jp

神戸の建設業許可申請コラム

2011年11月9日

建設業許可申請専門

神戸の行政書士 高見です!

朝一番から経営事項審査の打合せでお客様を訪問

やはり景気の影響もあって業界そのものが厳しいとのお話を聞きました。

一気に回復ということは難しいでしょうが

なんとか光だけでも見えてくればと・・・

建設業界の方とお話をするたびに思ってしまいます><

先日、東京都が発表した民間企業の今冬のボーナス平均妥協額によると

前年比前年比2・71%増らしい。

前年比増は4年ぶりとのこと

なかでも建設業は前年比31・77%増

建設業の業績がいいとの分析だが・・・

これは東京都あるいはその近郊の減少だろうか

神戸ではそのような雰囲気が感じ取れないのは私だけだろうか・・・

では、今日も一日やりきります!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸の建設業許可申請/決算変更届/経営事項審査など

建設業許可に関する手続は

建設業許可申請専門の

神戸|行政書士高見・伊達共同事務所 にお任せください!

TEL.078-965-7000 FAX.078-965-7005

E-mail:td-office@kfa.biglobe.ne.jp

神戸の建設業許可申請コラム

2011年10月25日

本年度は、多くの自治体で入札参加資格審査申請が行われます。

多くが2年に一度、途中で補充登録を受けつける自治体もありますが、

補充登録ができない自治体もあります。

今後、年末から年明けにかけて各自治体で

入札参加資格審査が行われますが、

特に兵庫県内の自治体を中心に情報をご提供していきます!

芦屋市|平成24・25年度 競争入札参加資格審査申請

■申請様式等の配布時期

 

 ≫建設工事12月26日(月)から

 ≫物品等11月7日から

 

■受付期間(郵送のみ)期間

 ≫建設工事 1月10日から2月9日まで

 ≫物品等  11月14日から12月13日まで

詳細は芦屋市HPをご確下さい。

↓↓↓↓↓

http://www.city.ashiya.lg.jp/keiyaku/touroku24_25.html

 

 

神戸の建設業許可申請は、建設業許可申請専門の神戸|行政書士高見・伊達共同事務所にお任せください!

 

神戸の株式会社設立コラム

2011年10月25日

こんにちは!

神戸の行政書士 高見です!

今オフィスに戻ってきたところです。

朝病院へ行き、その後お客様を訪問

夕方の予定が延期になってさきほどオフィスへ!

席についたら銀行から電話

グッドタイミングやん^^

今日はまだ火曜日でしたね^^

もう木曜日くらいの気分でしたが・・・

まだまだ今週はありましてたね(笑)

昨日は起業をお考えのお客様からご相談を受け

手続きも含めて私どもができるお手伝いをご説明させていただきました!

私どもは起業される方を全面的に応援しています。

ご相談は無料にてお伺いしております。

あらかじめご要望があれば、

税理士、社会保険労務士など各専門家が一同に会してのご面談も可能です。

お気軽にお問い合わせください!

神戸の訪問介護事業コラム

2011年10月23日

10月22日(土)10:00~12:00

これから訪問介護事業を始めようとお考えの方を対象に

法人の設立

訪問介護事業の指定申請

法人設立後の税務

を中心のテーマにして

セミナー&相談会を開催いたしました。

私ども税理士、社会保険労務士、行政書士がそれぞれの専門分野について

説明をさせていただき、その後個別相談という形式で行いました。

少人数でまさに起業を目前に控えられた方にご参加いただいていたこともあって、

手続論というよりも

法人の機関設計や介護事業の体制づくりなど

私どもがお手伝いさせていただいている事業所を事例にあげながら

具体的なお話をさせていただくことができました。

予定の時間を30分超過しましたが

最後はマンツーマンでの個別相談で

お客さまも大変ご満足いただけたご様子でした。

今後も、定期的に訪問介護事業企業者向けのセミナー&相談会の開催を予定しています。

なお、随時個別相談にも応じさせていただきますので、

これから訪問介護事業を始めようとお考えの方は

お気軽にお問合せください。

神戸の訪問介護事業コラム

2011年10月21日

おはようございます!

神戸の行政書士 高見です!

今朝も神戸はいいお天気!

でも下り坂との予報><

昨年、メンバーの税理士、社会保険労務士と行政書士の私とで

介護事業を営む法人の設立から指定申請、

そして会計・税務と1年間お手伝いさせていただいたお客様が

第一期の決算を迎えられ

順調に売上を伸ばされ、初年度計画以上に良い決算になったと税理士から報告を受けました!

お手伝いさせていただきました私どもとしてこの上ない喜びです!

今後ともさらに事業繁栄・拡大のためにお手伝いさせていただきたいと思っています!

もちろん、経営者を含め社員の皆様のご努力の賜物とは存じますが

そういう知らせを聞くと嬉しさもひとしおです。

今後も、このような形で士業が連携しながら

ワンストップサービスを継続していきたいと思っています!

先日も告知いたしましたが、

明日10月22日(土)に訪問介護事業に特化して

これから訪問介護事業で起業をお考えの方を対象にセミナー&相談会を開催いたします。

型にはまった通り一辺倒のしゃべくりセミナーではなく、

御客様の疑問・質問に丁寧にお答えしていくオーダーメイドの相談会を予定しています。

既に数名のお申込をいただいておりますが、

若干空きもございますので、

このブログをご覧いただいた方で訪問介護事業の起業をお考えの方がいらっしゃいましたら

是非ご参加いただければ幸いです!

お申込は、行政書士高見肇(電話078-965-7000)まで!

お待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問介護事業起業セミナー&相談会

10月22日(土)10:00~11:30

神戸市勤労会館306号室

・法人の設立手続について(特に株式会社・NPOについて)

・訪問介護事業の指定申請について

・創業者向けの助成金・融資制度について

・訪問介護事業の税務・会計について

(対応者)税理士 多田正幸

      社会保険労務士・行政書士 木津尚也

      行政書士 高見肇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸の訪問介護事業コラム

2011年10月17日

神戸市内の居宅介護支援事業所の利用者から

現金や貴金属を盗んだとして

この事業所の元ケアマネージャーが逮捕された。

今年の5月頃から

利用者の家を訪問した際に

現金や貴金属を盗んでいたというもの。

なかには、デイサービスで施設を訪れた利用者のカバンから

鍵を抜き取り留守宅に侵入したり、

認知症の高齢者を銀行に連れ出して現金を引き出させ着服したり

といった考えられないケースもあったようだ。

既に28人分の現金などを盗んだことを認めているようだ。

しかし、これは介護事業そのものを根幹から揺るがす事件

過去にも同様の事件はあったと思われるが、

こうした事件は、経営者にとっては、事業経営にかかわる深刻な事態となる。

労務管理の難しさもあるが、

居宅介護支援事業の在り方そのものも問われる事件だ。

神戸の建設業許可申請コラム

2011年10月13日

京都府が発注する建設工事の入札で、

最も安い金額で応札した業者が複数になり、

くじ引きで落札を決めるケースが増えている。

一般競争入札の拡大や工事減少により

最低制限価格に近い価格で入札する業者が増えているためで、

くじ引きによる落札が2010年度は3割を超えた。

京都府は「行き過ぎた価格競争は、長期的には建設業界に疲弊をもたらす」とし、

入札制度の見直しに向けて検討委員会を立ち上げる。

宮崎県などで起きた官製談合事件を受け、

京都府は07年度から一般競争入札の価格を

2500万円以上から1千万円以上に引き下げ、

30社程度が参加できるように入札条件を見直した。

京都府発注工事の入札でくじ引きの実績をみると、

見直し前の06年度は1・2%だったが、

07年度4・8%、08年度10・5%、09年度23%と年々増加し、

10年度は31%で、発注した1538件のうち477件がくじ引きで決まった。

京都府は入札の上限となる予定価格を事前公表し、

下回ると失格になる最低制限価格は事後公表にしている。

ただ、情報公開請求で手に入る工事の設計書や府が示す基準、

過去の類似工事などから「最低制限価格の推測は可能になっている」(府入札課)という。

公共事業の減少で受注競争が激しくなる中、

最低制限価格付近を狙って入札する業者が増え、

結果としてくじ引きで決めるケースが目立つようになった。

今年9月の府道工事の入札には60社も参加し、

6社が最低制限価格ちょうどで並んだという。

また、最低制限価格未満で失格になる業者も06年度は6・7%だったが、

10年度は65%に増えた。

予定価格、最低制限価格とも事前公表している京都市でも、

すべての参加業者が最低制限価格と同額で並ぶ入札もあるという。

くじ引きで決定している割合は集計していないが、市契約課は「感覚として(府の)3割よりは率は高い」と話す。

京都府は、価格競争の激化について

「工事の品質や現場の安全性の確保に影響する恐れがある。

建設業者の体力が落ちると、特に地方では地域経済に与える影響も大きく、

災害復旧や除雪などを担う能力も失われる」と弊害を懸念し、

13日に学識者4人からなる「入札制度等評価検討委員会」を設置、入札制度の在り方を再度検討する。

(京都新聞より)

 

神戸の建設業許可申請は、建設業許可申請専門の神戸|行政書士高見・伊達共同事務所にお任せください!

 

 

まずはお気軽にご相談ください。

電話 078-965-7000

営業時間 平日 9:00〜18:00(原則土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら
Top